どの老人ホームに加入できるわけではなかった!必ず確認する「要介護度」ってなに?

要介護度について

介護

要介護度とは?

介護が必要だと判断された場合に割り振られる要介護度は、各市町村に配属されている介護認定士によって、ひとりひとりに与えられます。要介護度は1から5までのレベルがあり、レベルが高ければ高いほど、介護が必要な人と判断されるようになっているのです。この要介護度によって、ひとりの人をサポートできる時間帯が大きく変わってきます。もちろん、レベルが高いほど、介護を必要とする時間も長く与えられますので、正確な要介護度を設定しなければなりません。

要介護のレベル1から2とは?

介護を必要とするレベルには、1から5までの数値があり、1から2は要支援という枠になります。道で散歩をする高齢者が主に当てはまり、要介護にならないための予防を必要するレベルです。普段の生活が不自由なくできる方が当てはまります。このレベルと診断されたら健康な証拠となりますが、この状態を維持するためにも、正解習慣に気をつけなければなりません。そのため、このレベルではこれ以上に体力や脳が衰えてしまわないように注意をしなければならないのです。

要介護のレベル3から4とは?

このレベルと診断された場合は、一般的に認知症を患っていることが多いのですが、他にも身体を思うように動かしにくいといった症状を患っている方にもあてはめられることがあります。このレベルになると、家事や食事の支度などを一緒に手伝うといった介護を中心に行われていくようです。それ以外にも、レベルや症状に応じて対応をしてくれますので、身体に負担をかける心配はありません。このレベルと診断されたとしても、デイサービスや介護有料老人ホームを了できる場所もあります。

要介護のレベル5とは?

要介護が5と診断された場合、自分ひとりではほとんど生活をすることが困難な状態にあたります。レベル5と診断される方の多くは寝たきり状態を指すことがほとんどなので、病院で治療を受けていたり、レベル5と診断された方が入居できる老人ホームで介護士につきっきり介護されたりしていることがほとんどです。24時間の介護を必要とするので、それだけ多くの介護士を必要とします。他にもあてはまる症状はあると思いますが、参考として下さい。

要介護のレベルは常に同じなの?

要介護のレベルは1ヶ月または半年のペースで変わります。最初に判断されたレベルが同じであれば良いのですが、場合によっては、症状が悪化してしまうケースも少なくありません。または、実際の症状が指定されたレベルに相当しないといったケースもあるのです。よって、正しい判断を行うために、定期的に様子を見てレベルの再審査を行います。その時は、広島市を含む各市町村に配属されている介護士だけではなく、ケアマネージャーを含む各担当者と家族で集まって、話し合いをして判断するのです。